• ホットヨガ効果口コミ

理想は1日3リットル・人の身体と水分の関係

◆水なしでは生きられない

人の身体と水分の関係

人の体の約60%を水が占めています。

体内の水は一箇所にとどまることなく、血液などの姿で体中を循環しながら各細胞に栄養分や酸素を供給ししています。

また、代謝老廃物を排泄したり、体温・phの調節など、健康を維持するために重要な役割を果たしています。

私たちは水がないと、わずか4~5日しか生きることができません。

排出した分、毎日補わなければ、すぐに体内が水不足になってしまいます。

人間は、最悪、水と睡眠さえしっかりとっていれば2~3週間は生きられるそうです。

でも水を一滴も取らなければ、わずか4~5日で命を落としてしまいます。

まず、体重の2パーセントの水分が失われただけで、のどの渇き、食欲がなくなるなどの不快感に襲われます。

約6パーセント不足すると、頭痛、眠気、よろめき、脱力感に襲われ、情緒も不安定になります。

さらに10パーセントの不足になると、筋肉の痙攣を引き起こし、循環不全、腎不全になってしまいます。

それ以上になると、意識が失われ、20パーセントの不足で死に至ることが分かっています。

水分は人の身体にとってとても大事なんですよ!



◆ホットヨガでは沢山の水を身体の中に取り入れる

人の身体と水分の関係

普段はあまり水を飲まない方でも、ホットヨガをやると大量の水を飲むことができますよね。

レッスン中もこまめに水を飲むよう指示があるため安心です。

これも、脱水症状にならないための工夫です。

「喉が渇いた」から水を飲むのではなく、喉が渇く前に水を飲むことが大切です。



◆水分の取り方について

人の身体と水分の関係

ホットヨガの場合、水分を摂る時にいくつかのポイントがあります。

一つ目のポイントは、水はレッスンが始まる前に飲むということです。

それは、汗をかきやすくするためです。

身体は、体内に十分な水が無ければ汗をかこうとしません。

汗をかきやすくするためにも、レッスン前、十分な水を身体の中に取り入れておくことが重要です。

逆に、胃の中がちゃぽちゃぽするのは飲み過ぎです。

気を付けましょう。

二つ目のポイントは、レッスン終了後、1時間は水だけを飲むということです。

汗をかいて身体は水をとっても欲している状況です。

体温もあがっています。

私たちは体温調節をするために汗をかいているので、その働きを助けるためにも十分な水をとってあげましょう。

注意してほしいのは、レッスン後1時間は非常に吸収率が高いということです。

その間くれぐれもジュースやアルコールを飲まないようにしましょう。

飲むなら2時間以上あけてからにしましょう。

三つ目のポイントは、一日に水を3リットル飲む習慣を持つということです。

私たち人間が一日に身体の中に取り入れている水分量は、1日に2.5リットルと言われています。

これはもちろん、お茶や食べ物の中の水分量なども含めた値です。

体の中の体液や血液など全てひっくるめて、循環している水分量は8.2リットルです。

尿や汗などからの排出量は2.5リットルです。

全く意識していない人でも2.5リットルの水を取り入れて、8.2リットル体内を循環し、2.5リットル排出しているのです。

水には老廃物を外に運び出す働きがあります。

体内を循環している8.2リットルの中に老廃物が流れています。

しっかりと水を飲んで尿や汗と一緒に排出しなければ、老廃物は身体の中をずっとぐるぐると循環していることになります。

ホットヨガをしている人は、発汗作用により大量の汗をかきます。

よって、普段の生活の中での水分量では足りません。

かといって、一気に水を3リットル飲むことは難しいので、起床後・朝・昼・晩・帰宅後・お風呂上り・寝る前など、こまめに分けて飲みましょう。

各々でコップ2杯ずつ、これなら一日に3リットル飲むことが出来ますよ。

水分量の減少は、老化の原因や病気の原因にもなります。

水分不足にならないようにしましょうね。





同じカテゴリーの最新の記事

  • ホットヨガの瞑想で心のメンテナンスを

    ◆瞑想の目的とは ホットヨガには瞑想の時間がありますし、瞑想オンリーのレッスンもあります。 「瞑想」と聞くと、なんだか怪しい宗教団体のようで嫌煙されがちですが、理屈が分かれば、怪しいなんてことはありません。それどころか、あらゆる効果...


  • ホットヨガは週何回通うのが効果的?

    ◇目次◇ 多くても週に4~5回が限度 目的によって変わる頻度 頻繁に通う場合と、数日ごとに通う場合 ホットヨガに通わない日の過ごし方 プログラム20種類以上!人気ホットヨガ教室 ◆多くても週に4~5回が...


  • 姿勢矯正にもホットヨガが効果的

    ◆きれいの共通点 なぜだかわからないけれど、美しい人はみんな“凛”(りん)としています。“凛”とした雰囲気とは、どこからやってくるのでしょうか? 答えは簡単、美しさというのは“正しい姿勢”から作られるのです。 不思議なことに、...


  • 妊活女性にホットヨガが人気の理由

    ◇目次◇ ホットヨガは女性の味方である ホットヨガが子宮に良い理由 合わせて行いたい温活 注意点 プログラム20種類以上!人気ホットヨガ教室 ◆ホットヨガは女性の味方である 身体を温めるホットヨガ...


  • ホットヨガに入会できない4つのタブー

    ◆事前に確かめておきたいこと ホットヨガスタジオは基本的に広く入会希望者を募っています。ただし、以下の場合は入会を断られる可能性があります。事前にきちんと確認しておくことも大切ですね。 ◆未成年の場合 未成年者の場合、一般...


  • 汗をかかないと大変なことに!知っておきたい汗のこと

    ◆生きるために必要な発汗 いよいよ夏が近づいてきました。じっとしていても汗をかくようになるのは、もうすぐです。 そこで気になるのが暑い季節を有効的に過ごす方法。特に夏は水着になったり薄着をするため、体を引き締めようとしている方も多い...


  • 知っていますか?ホットヨガの好転反応

    ◇目次◇ ホットヨガは身体に良くない!? ホットヨガの好転反応 身体に合わない人もいる 人気ホットヨガ教室ランキング ◆ホットヨガは身体に良くない!? 「ホットヨガを経験したものの、身体に悪...


  • 理想は1日3リットル・人の身体と水分の関係

    ◆水なしでは生きられない 人の体の約60%を水が占めています。体内の水は一箇所にとどまることなく、血液などの姿で体中を循環しながら各細胞に栄養分や酸素を供給ししています。 また、代謝老廃物を排泄したり、体温・phの調節など、健康を維...


  • 知っていると柔軟体操を始めたくなる身体に嬉しい4つのメリット!

    ◇目次◇ 身体の柔軟性を高めると健康に ケガをしにくい 姿勢が正しくなる 体調良好になる 人気ホットヨガ教室ランキング ◆身体の柔軟性を高めると健康に ホットヨガをやってみようと思ったら、まず、間...


  • 身体が硬い人でもホットヨガはできる!大事なのは呼吸法

    ◆身体が硬いからといって諦めるのはもったいない ホットヨガに興味はあっても、テレビなどで見るとみなさん身体が柔らかそうですし、何やら難しい感じのポーズをとっていますよね。 「私は身体が硬いから無理だわ・・・」 と、最初から...