• ホットヨガ効果口コミ

身体が硬い人でもホットヨガはできる!大事なのは呼吸法

◆身体が硬いからといって諦めるのはもったいない

ヨガは身体か硬くても大丈夫

ホットヨガに興味はあっても、テレビなどで見るとみなさん身体が柔らかそうですし、何やら難しい感じのポーズをとっていますよね。

「私は身体が硬いから無理だわ・・・」 と、最初から諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか? でもちょっと待ってください!諦めるのはまだ早いですよ。

実は、ホットヨガに通っている中でバレリーナ並みに身体が柔らかい人って、そんなに多くないんです。

インストラクターの先生ですら、身体がそこまで柔らかくないっていう人もいます。

身体は、日々のポージングをこなしていく中で、少しずつですが柔らかくなりますし、ホットヨガなら柔軟性が高まるスピードも早いです。

では、柔軟とヨガはどのような関係にあるのでしょうか。

私には無理だと諦めている人、必見です!



◆柔軟性を高めることがホットヨガの本筋ではない

ヨガは身体か硬くても大丈夫

そもそも、体の柔らかさは個人差が非常にあります。

体験レッスンでも、いきなり綺麗なポーズを作れる人もいれば、予想以上に体が硬く、悪戦苦闘する人もいます。

でも、ヨガやホットヨガの目的は美しいポーズを作ることではありません。

現在の自分の身体の状態をありのままに受け入れ、あくまでもその範囲内で集中し心と体の調和を目指すことが目的です。

よって、身体の柔らかい人と比べる必要はありません。

インストラクターのように美しいポーズをとる必要もありません。

おもいっきりマイペースで構わないのです。

自分のペースを尊重し、少しずつ近づければ良いということですね。



◆ホットヨガを通して自分と対話する

ヨガは身体か硬くても大丈夫

まず、はっきりと言えることは、ヨガやホットヨガで周りの人にどう見られているかを気にする、というのはナンセンスだということ。

みなさん、通い始めもバラバラ、続けている期間もバラバラです。

また、体の柔らかさ、骨格や背格好も人それぞれです。

仮に、ビギナーズの身体が硬くて思うようにポーズをとれないところを目撃されても、特に何とも思っていませんよ。

ビギナーズですから、同じようにポーズを作れるわけがありません。

最初はポーズをつくることに意識が集中してしまいがちですが、ホットヨガはポーズの綺麗さよりも呼吸法や瞑想状態が本来の目的です。

自分の現在のレベルで気持よく集中しつつ、リラックスすることがもっとも重要なポイントなのです。

ビギナーズの方ほど、目に見えるポーズばかり気にする傾向にあるようです。

ポージングができないと悩む人もいますが、まったく気にする必要はありません! むしろ、自分の関節の曲げ伸ばしのキャパシティーをはるかに超え、筋肉に無理をかけてまでポーズを維持することはオススメしていません。

そんなことをしてしまうと、集中もリラックスもできませんからね。

あくまでも、気持ち良いと感じるレベルで行うことがコツです。



◆大事なのは呼吸法

ヨガは身体か硬くても大丈夫

初めはどうしても、鏡に映った自分のポーズが気になってしょうがないと思いがちですが、ポーズ以上に大切なのが呼吸法です。

こだわるなら呼吸法にしましょう。

ポーズに気を取られ、呼吸法がおろそかになってしまっては本末転倒ですよ。

呼吸法にもさまざまあり、基本的な腹式呼吸から胸式呼吸、おへその下の丹田の活動に意識を集中した丹田呼吸、体の全てをつかって思い切り吸い込む完全呼吸など、数多く存在します。

まずは副交感神経を刺激してリラックスできるように、できるだけ深くゆっくりと行う基本的な腹式呼吸から身に着けると良いです。

慣れてきたら、徐々に他の呼吸法を身につけていきましょう。

まずは、しっかりとした深い呼吸を身につけること。

するとポーズも安定し、頭もスッキリとリラックス状態になるはずです。

ホットヨガで心の内側も柔軟に。





同じカテゴリーの最新の記事

  • ホットヨガの瞑想で心のメンテナンスを

    ◆瞑想の目的とは ホットヨガには瞑想の時間がありますし、瞑想オンリーのレッスンもあります。 「瞑想」と聞くと、なんだか怪しい宗教団体のようで嫌煙されがちですが、理屈が分かれば、怪しいなんてことはありません。それどころか、あらゆる効果...


  • ホットヨガは週何回通うのが効果的?

    ◇目次◇ 多くても週に4~5回が限度 目的によって変わる頻度 頻繁に通う場合と、数日ごとに通う場合 ホットヨガに通わない日の過ごし方 プログラム20種類以上!人気ホットヨガ教室 ◆多くても週に4~5回が...


  • 姿勢矯正にもホットヨガが効果的

    ◆きれいの共通点 なぜだかわからないけれど、美しい人はみんな“凛”(りん)としています。“凛”とした雰囲気とは、どこからやってくるのでしょうか? 答えは簡単、美しさというのは“正しい姿勢”から作られるのです。 不思議なことに、...


  • 妊活女性にホットヨガが人気の理由

    ◇目次◇ ホットヨガは女性の味方である ホットヨガが子宮に良い理由 合わせて行いたい温活 注意点 プログラム20種類以上!人気ホットヨガ教室 ◆ホットヨガは女性の味方である 身体を温めるホットヨガ...


  • ホットヨガに入会できない4つのタブー

    ◆事前に確かめておきたいこと ホットヨガスタジオは基本的に広く入会希望者を募っています。ただし、以下の場合は入会を断られる可能性があります。事前にきちんと確認しておくことも大切ですね。 ◆未成年の場合 未成年者の場合、一般...


  • 汗をかかないと大変なことに!知っておきたい汗のこと

    ◆生きるために必要な発汗 いよいよ夏が近づいてきました。じっとしていても汗をかくようになるのは、もうすぐです。 そこで気になるのが暑い季節を有効的に過ごす方法。特に夏は水着になったり薄着をするため、体を引き締めようとしている方も多い...


  • 知っていますか?ホットヨガの好転反応

    ◇目次◇ ホットヨガは身体に良くない!? ホットヨガの好転反応 身体に合わない人もいる 人気ホットヨガ教室ランキング ◆ホットヨガは身体に良くない!? 「ホットヨガを経験したものの、身体に悪...


  • 理想は1日3リットル・人の身体と水分の関係

    ◆水なしでは生きられない 人の体の約60%を水が占めています。体内の水は一箇所にとどまることなく、血液などの姿で体中を循環しながら各細胞に栄養分や酸素を供給ししています。 また、代謝老廃物を排泄したり、体温・phの調節など、健康を維...


  • 知っていると柔軟体操を始めたくなる身体に嬉しい4つのメリット!

    ◇目次◇ 身体の柔軟性を高めると健康に ケガをしにくい 姿勢が正しくなる 体調良好になる 人気ホットヨガ教室ランキング ◆身体の柔軟性を高めると健康に ホットヨガをやってみようと思ったら、まず、間...


  • 身体が硬い人でもホットヨガはできる!大事なのは呼吸法

    ◆身体が硬いからといって諦めるのはもったいない ホットヨガに興味はあっても、テレビなどで見るとみなさん身体が柔らかそうですし、何やら難しい感じのポーズをとっていますよね。 「私は身体が硬いから無理だわ・・・」 と、最初から...